婚活と年収の関係について

結婚する相手が高収入であれば、生活にゆとりがうまれます。優雅な生活は確かに魅力的ですが、結婚相手に対して過度に年収を求めてしまうのはいいことではありません。過度に年収にこだわってしまうと結婚というゴールから遠のいてしまって永久に結婚できなくなってしまいます。

結婚地獄

アラサーの人は結婚地獄に陥らないように注意しなくてはなりません。良い人に巡り合うことができんなければ多少の妥協が必要になるのですが、妥協をせずに色々な婚活をしてしまうと結婚地獄に陥ってしまいます。最終的に良い人に巡り合うことができなくなってしまって、ますます焦ってしまうことになります。

トータルで相手の魅力を探ること

例えば年収だけを考えて申し分のない人であっても転勤が多いということで難しいと感じてしまうのであれば、年収の点は少し妥協して、転勤の可能性が全く無い人を選ぶという方法も考えられます。相手の魅力をお金だけでなくて総合的に判断するのが最良の方法と言えます。

年収500万円は多いのか少ないのか?

年収500万円と聞いて少ないと思ってしまうのは避けるべきです。20-30代の男性の年収の分布を調べてみると500万円に届いている人は20%以下です。ですから、500万円を低いと思ってしまうと自動的に結婚できる可能性が下がってしまいます。むしろ年収の推移をしっかりと見極める事です。今後相手の男性の年収がどのように変わっていくのかを把握して大きな伸び率を示しそうであれば、結婚を考えてもいいのではないでしょうか?一方で収入にムラがある場合には、その点は結婚するかどうかの判断材料にしなくてはなりません。

男性の方から見た考え方

20-30代の男性の中にももちろん年収800-900万円という方がいます。そのような男性は20代の女性を結婚相手に選んでいることがおおくなります。ですから30代の女性の場合には、男性から見て結婚の対象にならないことが多いのです。

まとめ

年収を結婚相手の条件に求めることはいたって自然なことですが、あまりにも年収だけにこだわってしまうと結婚することができなくなってしまいます。特に30代の女性は男性の魅力を総合的にジャッジしなければ、結婚地獄に陥ってしまいます。自分の年齢もしっかり考慮に入れながら、婚活をすることがお勧めです。男性がどのように結婚相手を探しているかについても併せて考えていくことが必要です。