年の差婚は可能なもの?

年齢を重ねたカップルの場合には年の差婚を希望するというパターンが多くみられますが、実際のところは可能なものなのでしょうか?特に男性が年上で女性が年下というケースが多くみられます。年の差婚はどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

子供が欲しい男性

例えば40代の男性の場合には同年代の女性を結婚すると子供に恵まれる可能性が少なくなってしまいます。20代の女性を見つければ、そのような問題は解消することになります。しかしながら、40代の男性が20代の女性と結婚するためには20代の女性を引き付ける魅力をもつことが重要なポイントになります。

アピールポイントについて

40代の男性が20代の女性を引き付けるアピールポイントとしては、年収や職業があります。経済的な余裕を持った男性は20代の女性を魅了する可能性が大いにアップするはずです。また、40代になると一気に老け込んでしまう男性も多いので、外見的に若々しく見せる努力もすべきです。しっかりとした価値観やビジョンを見せることもお勧めです。

女性から見た40代の男性

女性からみたら、40代の男性は非常に豊富な人生経験を持っていることになります。頼もしさを感じることができますので、20代―40代まで幅広く男性との婚活をするという方法もお勧めです。しかしながら、自分よりも早く年をとりますので、介護の可能性がでてきてしまいます。更には住宅ローンを組むことができなくなってしまう可能性も考えられます。

男性の親がいる場合

男性の親がいる場合には、高齢である可能性が非常に高くなりますので、結婚すると介護をしなくてはならなくなる場合もでてきます。介護はなかなか大変な作業ですので、結婚生活との両立の妨げになる可能性もでてきます。自分ひとりで介護をすることはほとんど不可能ですので、協力をしてくれる男性の兄弟がいるかどうかも結婚するにあたっては検討すべきです。併せて子育てをするとなるとかなりの負担がかかってしまうこともしばしばです。

まとめ

年の差婚を希望する人は多くいますが、メリットとデメリットが存在していることを把握しておくべきです。実際に年の差婚をする可能性がある場合にはメリットだけを見るのでなくて、デメリットの部分を自分が克服できるかどうかについて総合的にしっかりと分析しなくてはなりません。結婚後にこんなはずではなかったと思わないようにすべきです。